【肌に優しい化粧下地】おすすめの成分・効果・選び方を徹底解説!

肌に優しいケア方法

【肌に優しい化粧下地】おすすめの成分・効果・選び方を徹底解説!

更新日:

肌に優しい化粧下地として、おすすめの成分・効果・選び方を徹底解説します。

MISATO
敏感肌や肌トラブルが多い人にとって「なくてはならないアイテム」といえば肌に優しい下地です。私も肌荒れを克服するのに役立ちました。

ファンデーションをぴったりと密着させながら崩れにくくしてくれたり、紫外線から肌を守る役割が期待できるものを選ぶのがポイントです。

肌に優しい下地おすすめ成分

肌に優しい下地おすすめ成分

MISATO
肌に優しい化粧下地では、
おもに3つの成分がおすすめです。
  • 保湿成分
  • ノンシリコン
  • 低刺激の紫外線防止剤

保湿成分

保湿成分

肌に優しい化粧下地では第一に「保湿成分」が重要です。

おすすめ成分としてはコラーゲン・ヒアルロン酸、セラミドなど肌が敏感でも刺激を感じることなく、しっとりした感触に仕上がる成分が配合されているもの。

中でも「保湿成分」が配合されている化粧下地を使うことで、ファンデーションを上から重ねたときにしっとり仕上がったり、メイクを落とすまで乾燥を防いでくれる役割が期待できます。

ノンシリコン

ノンシリコン

最近ヘアケアでも人気になっている”ノンシリコン”ですが、化粧下地でも使われているものと無配合のものがあります。

配合されているとファンデーションが崩れにくくなるというメリットがある反面、肌への刺激になることがあります。

肌が敏感な女性は多少崩れやすくなったとしても「シリコンが無配合の商品」を選ぶことをおすすめします。

低刺激の紫外線防止剤

低刺激の紫外線防止剤

また紫外線防止成分が配合されているものが多い化粧下地ですが、その中でもおすすめ成分は酸化チタン・酸化亜鉛です。

これらは紫外線防止剤の中でも”紫外線散乱剤”というカテゴリーに入る成分で、肌への負担を最小限にしながら紫外線による肌へのダメージから守ってくれます。

ただし”紫外線吸収剤”と呼ばれるオキシベンゾンなどに代表される成分は、しっかり日焼けを防ぐ一方で肌への負担が大きく、敏感肌や乾燥肌の方は避けたほうが良い原料です。

最近では紫外線吸収剤に特殊な加工をして、肌に直接触れないようにすることで敏感肌でも使えるタイプもあります。

使う時にはパッチテストやサンプルを試すなどして、刺激の有無を確認するのがおすすめです。

肌に優しい化粧下地を選ぶことで、ファンデーションのノリを良くしながらスキンケア効果も期待できますよ♪

肌に優しい下地の美肌が期待できる効果

肌に優しい下地の美肌が期待できる効果

MISATO
肌に優しい下地を使って
肌に対して期待できる効果は次の通りです。
  • 紫外線から肌を守ってくれる効果。
  • ファンデーションのノリを良くして肌を美しく見せる効果。
  • 塗らない場合に比べて肌のトーンを均一に見せる効果。

紫外線から肌を守ってくれる効果

紫外線から肌を守ってくれる効果

肌に優しい下地を選ぶ時、あまり高い日焼け止め効果があるものは”負担が大きい可能性が高くなる”ので成分のチェックをする必要があります。

紫外線防止成分に紫外線吸収剤が入っているものは肌トラブルが起こるケースもありますので、パッチテストをしてから使うのがおすすめです。

敏感肌向けのブランドでは、紫外線防止剤に散乱させて防ぐ紫外線散乱剤が配合されているものも多くなっています。

日焼けしたくない場合は、ファンデーションの紫外線防止効果も合わせて検討するのがポイントです。

ファンデーションのノリを良くして肌を美しく見せる効果

ファンデーションのノリを良くして肌を美しく見せる効果

肌に優しい下地に欠かせない要素は、肌への負担になる成分が入っていないことと保湿成分の含有率が高い事です。

何の成分が負担になり易いのかは個人差がありますが、アルコール類やシリコン類は肌への負担を考えると入っていないことが望ましいです。

シリコンが配合されていないと多少ファンデーションの持ちが悪いと感じることがありますが、ファンデーションに油分が少ないものをつかったり保湿クリームをべたつかないものに切り替えることでファンデーションを崩れにくくすることはできます。

塗らない場合に比べて肌のトーンを均一に見せる効果

塗らない場合に比べて肌のトーンを均一に見せる効果

肌に優しい下地で配合されているのが望ましい成分に、保湿成分がありますが一般的にはコラーゲンやヒアルロン酸などは多くのものに入っています。

最近は敏感肌に嬉しいセラミドが入っているものもあって、肌のバリア機能をアップさせてくれるのが期待できる効果です。

このような成分によって肌のトーンを明るく見せたり、均一に見せたりする効果が期待できます。

また肌に優しい下地を使うことで、スキンケア効果も期待できます。

一般的にはファンデーションのもちをよくしたりフィット感を高めるためのものですが、美容効果が高いものを使うことで一日中しっとりした肌をキープできますし、色付きの物なら透明感を出したり赤みの補正効果もあります。

肌へのダメージを防ぐ!肌に優しい下地の選び方

肌へのダメージを防ぐ!肌に優しい下地の選び方

MISATO
肌に優しい化粧下地の選び方には、
つぎのポイントがあります。
  • 無添加タイプ
  • UVカット効果が期待できる
  • スキンケア効果が期待できる

無添加タイプ

無添加タイプ

肌に優しい下地の選び方で重視したいのはまず、肌に刺激になる成分が入っているかどうかです。

パラベンや鉱物油などは肌に刺激になってしまいますので、これらの添加物がなるべく多く不使用の無添加タイプを選びましょう。

下時は塗りやすくてファンデが乗りやすいものがベストですが、塗る時のことだけではなく落とす時のことも大切。肌と手との摩擦が起きやすいクレンジングは、肌が乾燥しやすくなるなど肌ダメージの原因にもなります。

毛穴までカバーしてくれて密着力の高い化粧下地は確かに魅力的ですが、その分落とすのにも苦労してクレンジング必須になります。やはり肌に優しい下地を選ぶなら「石鹸で落とせるタイプ」がおすすめです。

一緒にファンデーションも石鹸で落とせるタイプにしておけば、クレンジング不要で洗顔のみでOKです。

UVカット効果があるもの

UVカット効果があるもの

肌を老化させてしまったり、乾燥の原因にもなるのが紫外線です。

しかし日焼け止めを塗るのもアリですが、重ねるアイテムが増えるほど肌へのダメージも増えてしまいます。

そこで化粧下地は「UVカット効果」があるものがおすすめです。

ただしSPFやPAが高ければいいというものではなく、日常使いするならSPF30、PA++程度のUVカット効果で十分です。

SPFとPAが高くなるほど肌への負担もアップしますから、適度なUVカット効果があるものを選びましょう。

また紫外線吸収剤入りのものは肌への負担が大きいですから”紫外線散乱剤入り”のものがベストです。

スキンケア効果がある

スキンケア効果がある

下地にもスキンケア効果があると、長時間潤いのある肌を保てて化粧崩れを防ぐ効果が期待できます。

美容成分が入っているものだと肌の乾燥を抑えられますから、肌への負担も和らいでくれますね。

そこで肌に優しい下地の選び方でも、やはり美容成分のチェックは外せません。

ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど、定番の保湿成分が入っているものがベストです。

どんな美容成分が入っているかをしっかり確認して、乾燥しないで潤いを守れるタイプを選びましょう。

肌に優しい化粧下地まとめ

MISATO
肌に優しい化粧下地についてご紹介しました。
ここまでをまとめます。
おすすめ成分
  • 保湿成分
  • ノンシリコン
  • 低刺激の紫外線防止剤
期待できる効果
  • 紫外線から肌を守ってくれる効果
  • ファンデーションのノリを良くして肌を美しく見せる効果
  • 塗らない場合に比べて肌のトーンを均一に見せる効果
失敗しない選び方
  • 無添加タイプのもの
  • UVカット効果が期待できるもの
  • スキンケア効果が期待できるもの

これで肌荒れを防いで「肌に優しい化粧下地」を見つけることができます。

ぜひ実践して今の悩みを解消されてみてください。

私がまとめた肌に優しい化粧下地ランキングも参考にしてみてくださいね♪

MISATO

肌に優しい下地ランキングベスト3

 

-肌に優しいケア方法,
-

Copyright© 肌に優しいコスメ生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.