【肌に優しい洗顔】おすすめの成分・効果・選び方を徹底解説!

肌に優しいケア方法

【肌に優しい洗顔】おすすめの成分・効果・選び方を徹底解説!

更新日:

肌に優しい洗顔で「これならおすすめ!」といえる成分・効果・選び方を徹底解説します。

MISATO
とくに肌が弱い私としては、すぐに赤くなったりガサガサになるので
肌に優しい洗顔料選びは必須!

そんな経験から、つぎの悩み解消につながる内容です。

  • 肌に優しい洗顔料の成分は?
  • より肌に優しい洗顔の効果的な使い方は?
  • 肌に優しい洗顔料の失敗しない選び方は?

もう悩むことなく正しい洗顔を選んでツルスベ肌に向けて進んでいきましょう♪

肌に優しい洗顔をするために最適なおすすめ成分

肌に優しい洗顔をするために最適なおすすめ成分

MISATO
肌に優しい洗顔をするために最適なおすすめ成分は次の通りです。
  1. スキンケア成分と天然クレイ成分
  2. 添加物のオーガニック成分
  3. 美肌効果が狙えるアミノ酸

①スキンケア成分と天然クレイ成分

肌に優しい洗顔をするために最適なおすすめ成分

肌に優しい洗顔をしたいと考えたときにおすすめ成分は、化粧水や美容液などにも含まれているヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドといったスキンケア成分です。

汚れを落としながらスキンケア効果も同時に狙うことが出来るのが、これらのおすすめ成分が配合されている最大のメリットです。

また、肌のバリア機能が低下しやすい敏感な人におすすめな成分がセラミド・糖類です。

セラミドは細胞膜に高い濃度で存在することが知られている。 細胞膜においてセラミドはスフィンゴミエリンを構成する脂質の一つであり、また脂質二重層を構成する主要な脂質の一つでもある。

出典:Wikipedia「セラミド」

いずれの成分も敏感になりがちな肌をサポートしてくれる働きが期待できるので、洗顔するたびにバリア機能のアップが望めます。

MISATO
ただし肌質は一人一人異なりますので、さらに肌の悩みを解消してくれるプラスアルファがあるとなお心強いです。

例えば毛穴が気になったりニキビができやすい”オイリー肌の人”には「天然クレイ成分」が配合されている洗顔がおすすめ。

クレイ(ベントナイト)とは、粘土鉱物モンモリロナイトを主成分、その他石英、オパール、長石、ゼオライトなどの様々な鉱物を副成分とした弱アルカリ性粘土岩の総称です。 その化学組成は、地殻を構成する主要元素Si、Al、Fe、Mg、Ca、Na、Kなどからなっています。

出典:Fujigel Sangyo「クレイ」

クレイ成分は毛穴の汚れを吸着してくれるので、毛穴詰まりがしにくくなったりニキビを防いでくれる効果が期待できます。

②添加物のオーガニック成分

肌に優しい洗顔をするために最適なおすすめ成分

肌に優しい洗顔をするときには”添加物”にも配慮する必要があります。

保存性や使用感を優先するコスメに配合されている様々な添加物は、基本的に「配合されていないもの(無添加)」が望ましいです。

無添加とは、特定の物質が使用されていないことを表す表現である。何が無添加であるというような規定はない。 第二次世界大戦以降、様々な分野で天然には存在しないような化学合成された物質が大量生産され、その安全性について疑問視する人々がいることからマーケティング上の理由で様々な無添加の商品が生み出されてきた。

出典:Wikipedia「無添加」

特にエタノールなどのアルコール類は敏感肌には適しませんので、出来る限り入っていないものを選ぶようにします。

よく無添加で肌に優しいという文句で販売されているオーガニック化粧品や洗顔料がありますが、一つ一つの成分をできる限りチェックして”保湿成分”が多く配合されているものを選ぶのがポイントです。

オーガニック成分が一つでも入っていればオーガニックと称して販売されているコスメも多いので、刺激になる成分が極力入っていなくて保湿成分が多く入っている肌に優しい洗顔を選ぶのがおすすめです。

③美肌効果が狙えるアミノ酸

肌に優しい洗顔をするために最適なおすすめ成分

お肌にとって”アミノ酸”も肌に優しい洗顔でおすすめ成分になるので、できれば配合されているものの方がより美肌効果が狙えます。

『アミノ酸』は、タンパク質の構成成分ですが、ヒトの肌ではもともと持っている「天然保湿因子」の主要成分です。角層層の水分保持に重要な役割を担っています。
一般的に『アミノ酸』が主要成分の「天然保湿因子」の量が少ないほど、水分が失われてカサつきやひび割れの原因となります。

出典:資生堂「アミノ酸、グリシン、アラニン、セリン、プロリン」

毎日の洗顔ではしっかり汚れを落としながらスキンケア効果も欲しいので、洗浄力が適度で潤いも補ってくれるものを選ぶのがベストです。

それによって肌に優しい洗顔が可能になり、若々しい素肌を保つことが期待できます。

 

肌に優しい洗顔のより効果的な使い方

肌に優しい洗顔のより効果的な使い方

MISATO
肌に優しい洗顔のより効果的な使い方は次の通りです。
  1. 1日2回ぬるま湯で洗顔
  2. 洗顔料にベビーオイルを加える
  3. メイク落としの後は洗顔

①1日2回ぬるま湯で洗顔

肌に優しい洗顔のより効果的な使い方

肌に優しい洗顔を意識したいと思うならば、1日2回洗顔を心がけましょう。

よく「朝方は顔が汚れていないからぬるま湯だけで洗えば良い」と考えている人もいますが、実はそうではありません。

夜の間でも顔は汚れますし皮脂が出ていますので、朝方でも顔が汚れています。

そのため、ぬるま湯だけで洗っただけでは不十分です。

お湯の温度を上げすぎないよう35度から38度程度のお湯で、肌に優しい洗顔料を使って洗いましょう。

あまり熱すぎるお湯にしてしまうと肌に負担がかかり、洗顔から期待できる効果が薄くなってしまいますので注意が必要です。

②洗顔料にベビーオイルを加える

肌に優しい洗顔のより効果的な使い方

肌に優しい洗顔にプラスして、ベビーオイルを2滴~3滴加えることで簡単により肌に優しい洗顔ができます。

顔を洗った後、すぐにでも美容液や保湿剤を顔に塗って顔を保湿したいところ。

しかしどうしてもお風呂上がりは体を拭かなければいけないため、すぐに美容液や保湿剤が塗れないのも悩みの1つです。

そこでおすすめなのがベビーオイル。

泡立てた洗顔料にベビーオイルを少し加えるだけで、顔のつっぱりが少なくなります。

たとえすぐに美容液や保湿剤を塗れなかったとしてもツッパリ感が少なくなるため、肌の調子が良くなると実感できる人が多いとされます。

③メイク落としの後は洗顔

肌に優しい洗顔のより効果的な使い方

最近では洗顔料を含んでいるメイク落としも多く「ダブル洗顔は不要」などと書かれているものもありますが、メイクを落とした後は基本的に洗顔できれいにした方が良いです。

確かに「顔を洗う回数は少ない方が肌に良い」と思う人もいるかもしれませんが、洗顔をしなければクレンジングの成分が顔に残ってしまうもの。

つまりダブル洗顔によってメイク落としの成分をしっかりと落とせるため、より肌に優しく洗い上げる効果が高まります。

 

肌に優しい洗顔をする洗顔料の選び方

肌に優しい洗顔をする洗顔料の選び方

MISATO
肌に優しい洗顔をする洗顔料の選び方は次の通りです。
  1. 値段は関係ない
  2. 肌のタイプに合ったもの
  3. 自分で泡にできる
  4. クリームタイプの洗顔料

①値段は関係ない!

肌に優しい洗顔をする洗顔料の選び方

肌に優しい洗顔をしたいと思った場合、すこしでも”高級なコスメ洗顔”を選ばなければ‥と考える女性も多いのではないでしょうか。

しかし正しく肌に優しい洗顔を選ぶためには、まったく値段は関係ありません。

どうしても値段が高い洗顔料の方が良いと思ってしまいがちですが、そもそも「肌に合わない洗顔」はどれだけ値段が高かったとしても肌にやさしくありません。

そのため”値段が高い洗顔料は良い”と思い込まないよう気をつける必要があります。

値段よりも「自分の肌に合っている洗顔」をしっかりと見極めることが大切です。

②肌のタイプについて

肌に優しい洗顔をする洗顔料の選び方

洗顔料の選び方として大切な事は「肌のタイプに合ったもの」が選べているかということが重要です。

例えば”乾燥肌の人は乾燥肌に向いた洗顔料”を選ばないと、肌がますます乾燥してしまうことにつながる恐れも。

肌が油っぽい、脂性肌である、などという人は「さっぱりタイプ」を選びましょう。

また湿疹が出来やすいなど敏感肌の場合「刺激が弱く無添加タイプ」などの洗顔料を選ぶ必要があります。

しっかりと自分の肌質を知った上で選ぶことが、肌に優しい洗顔の選び方になります。

③自分で泡にできる

肌に優しい洗顔をする洗顔料の選び方

肌に優しい洗顔料を選ぶときには「泡立ち」が良い商品がおすすめです。

また、落としたときの泡切れも重要な選び方のポイント。

なぜなら泡立ちが良い洗顔は肌に対する抵抗が少なくなるため、物理的に”擦る”ことによる刺激を減らせるため。

肌が弱い女性が泡立ちの良い洗顔を選ぶ傾向にあるのもそのためで、優しく洗い上げることができる肌に優しい洗顔選びの大きなポイントになります。

④洗顔タイプについて

肌に優しい洗顔をする洗顔料の選び方

最近は肌の弱い方がクリームタイプの洗顔料を選ぶことが増えている現実からも、物理的な刺激を減らすことができて添加物不使用などバリエーションが多いため肌に優しくおすすめです。

クリームタイプの洗顔は衛生面においても雑菌の繁殖を抑えることが期待できるため、より肌に優しい洗顔料といえます。

しかし、もし自分の洗顔スタイルに合っていると思うならば、固形タイプでも問題ありません。

固形タイプはどうしてもクラシックな感じがすると思う人もいるかもしれませんが、固形タイプの中にも肌に優しい洗顔を期待できる商品はたくさん存在します。

ただし固形タイプは、やはり”衛生的に気になる”という女性が多いのも事実。

またクリームタイプ以外にも固形タイプやジェル状のもの、様々な洗顔タイプがあります。

衛生面からいえば”しっかりと密封のできる商品”が優れていますが、やはり使われている原料(成分)を十分に意識してまずはタイプに関わらず自分に合った肌に優しい洗顔料を選ぶことが大切です。

【肌荒れ対策】顔のガサガサを防ぐコスメ選びのポイントと原因

肌に優しい洗顔まとめ

MISATO
肌に優しい洗顔についてまとめます。
おすすめ成分
  • スキンケア成分と天然クレイ成分
  • 添加物のオーガニック成分
  • 美肌効果が狙えるアミノ酸
効果的な使い方
  • 1日2回ぬるま湯で洗顔
  • 洗顔料にベビーオイルを加える
  • メイク落としの後は洗顔
失敗しない選び方
  • 値段は関係ない
  • 肌のタイプに合ったもの
  • 自分で泡にできる
  • クリームタイプの洗顔料

このような手順を踏まえて実践すれば、より肌に優しい洗顔を選ぶことが可能になります。

肌に優しい洗顔を選ぶためには「成分・メイクを残さない・物理的な抵抗が少ない」というのがポイントの要です。

ぜひ肌に優しい洗顔を選ぶときの参考になさってみてくださいね♪

MISATO

最強の秘密●●が使われた洗顔料はこれだった!?

↓ ↓ ↓

肌に優しい洗顔ランキング

 

-肌に優しいケア方法,
-

Copyright© 肌に優しいコスメ生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.