【肌に優しい】よく落ちるクレンジングの成分・種類・選び方などを7つを徹底解説!

肌に優しいケア方法

【肌に優しい】よく落ちるクレンジングの成分・種類・選び方などを7つを徹底解説!

投稿日:

肌に優しいよく落ちるクレンジングについて、正しく選ぶための情報を詳しくご紹介します。

MISATO
とくに肌が弱いためすぐ肌荒れをする私は、肌に優しいのはもちろん”しっかり落とせる”クレンジングを徹底的に調べて探してきました。
  • 肌に優しいよく落ちるクレンジングの成分
  • 肌に優しいよく落ちるクレンジングの種類
  • 失敗を防ぐ肌に優しいよく落ちるクレンジングの選び方

などについて7つの項目で詳しく解説していきます。

肌に優しいよく落ちるクレンジング3つの成分

肌に優しいよく落ちるクレンジング3つの成分

刺激に弱い肌にも優しく、しかもよく落ちるクレンジングはこの成分がベターです。

  1. オレイン酸オイル
  2. 非イオン性(ノニオン性)/両性界面活性剤
  3. 保湿成分

①オレイン酸オイル

オレイン酸オイル

MISATO
肌に優しいクレンジング成分として、美容皮膚科医などの専門家が軒並み太鼓判を押すのが「植物性のオレイン酸オイル」です。

中でもホホバオイル、アルガンオイル、オリーブオイル、アーモンドオイルが推奨されています。

これらオレイン酸オイルは皮脂を落としにくい性質を持っているため、低刺激で肌への負担が比較的少ない成分として効果的です。

皮脂は肌のバリアとして重要な役割を果たすので、過剰に落とすことは肌トラブルを招きかねません。

肌にバリア機能として存在するのが”天然保湿因子”と呼ばれる常在菌で
いくら高級な化粧品(コスメ)でも保湿効果は叶わないといわれているほど。

こちらの先生のお話しの中にも「常在菌の効果」について触れられています。
(だいたい10分頃から)

またオイルクレンジングは他のクレンジング剤に比べて、最もメイクを落としやすく作られています。

水だけでは落ちないメイク成分は、油によって溶ける「油溶性」という性質を持つため。

”しっかりメイク”でも肌をゴシゴシこすらずクレンジングができるという点で、植物性オイルは肌に優しいクレンジング成分といえます。

②非イオン性(ノニオン性)/両性界面活性剤

非イオン性(ノニオン性)/両性界面活性剤

MISATO
一般的に強力な洗浄成分として食器用洗剤などに多く使われている”界面活性剤”とは、汚れを落としたり配合された成分同士を馴染ませたりする目的であらゆる洗浄剤に含まれているもの。

大きく分けて4種類ある界面活性剤の中でも「非イオン性界面活性剤(アミノ酸系界面活性剤)」「両性界面活性剤」は肌負担が軽いとされています。

水と油は本来混じり合わないものですが、界面活性剤を使えば混ぜ合わせることができます。

その性質によって油性のメイクを肌から水へと引き出し、肌に優しくしっかりと洗い流すことが可能となるわけです。

注意!

しかし洗浄力に優れた界面活性剤の中には、刺激の強いものもあります。

特にアニオン界面活性剤、カチオン界面活性剤の2種類は人によって肌トラブルを起こしてしまうことも…。

とはいえ、クレンジングに欠かせない成分であるのには間違いありません。

したがって敏感肌など刺激に弱い人は、肌に優しい「非イオン性or両性界面活性剤」の配合されたクレンジングもおすすめです。

③保湿成分

保湿成分

MISATO
汚れを落とすことが主体のクレンジングですが「保湿成分」も肌に優しいクレンジングには必要です。

理由は、メイクを洗い流すことによって肌に必要な潤いや油分も失われてしまうから。

したがってクレンジングと同時に”潤い成分”を補給できるアイテムがベターです。

クレンジング剤に含まれる保湿成分として主なものはコラーゲン、グリセリン、セラミドなど。

それらの成分に含まれる保湿作用によってバリア機能を整え、刺激に強い肌をいつでもキープしましょう。

 

肌に優しいよく落ちるクレンジングの種類

肌に優しいよく落ちるクレンジングの種類

MISATO
肌に優しいよく落ちるクレンジングを見つけるためには、さまざまな種類(タイプ)も知っておく必要があります。

クレンジングの種類にはつぎのようなものがあります。

  • クレンジングオイル
  • クレンジングミルク
  • クレンジングジェル
  • クレンジングクリーム
  • クレンジングバーム

このクレンジングの種類から、肌に優しいよく落ちるものを選ぶために大切なのが「柔らかさ」です。

クレンジングの「柔らかさ」によるメリット・デメリットは次のように考えてみてください。

クレンジングの種類柔らかさメリット・デメリット
クレンジングオイル★★★★★柔らかさとともに”滑り”が良いため肌を傷つける可能性がもっとも低い
クレンジングミルク★☆ミルクを連想させることからも肌に優しく”しっとり”洗い上げる効果を期待できる
クレンジングクリーム★☆☆やや固形に近くなることで異物などによって肌を気付つけることも考えられる
クレンジングジェル★☆☆☆高めの粘度により汚れを落としやすい反面で”擦る”必要があるため傷つける可能性もある
クレンジングバーム★☆☆☆☆もっとも固形に近い半練りタイプで物理的に擦ることによる肌への負担が考えられる

このことから、もっとも肌に優しいクレンジングの種類は「オイルタイプ」です。

粘度が高くなり固形に近づくタイプほど、ゴシゴシと”擦る”ことが必要になるため肌への優しさは少なくなっていきます。

またクレンジングシートという種類(スタイル)もありますが、水を使わず擦るためもっとも摩擦が多くなり肌の弱い方には向かない方法になります。

 

40代~50代の肌に優しいよく落ちるクレンジングの選び方

40代~50代の肌に優しいよく落ちるクレンジングの選び方

肌に優しいよく落ちるクレンジングで、40代~50代におすすめな選び方は次の通りです。

  1. シワがピンッ!洗顔と同時に”ハリ”も期待できる美容成分配合のクレンジング
  2. シミ防止効果の高まる「W(ダブル)洗顔不要」のクレンジング

①ハリも期待できる美容成分配合のクレンジング

MISATO
40代~50代の年齢になると、どうしても気になるのが「シワ」です。

老化現象なので仕方がないのはわかりますが、わかっていても何とかしたい気持ちもあるもの。

そこで選びたいのが”美容成分配合”のクレンジングです。

とくにしわをピンッ!とさせてハリを期待できる、効果的な美容成分にはつぎの成分があります。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

この2つのハリを期待できる代表的な美容成分が含まれていることによって、洗顔と同時にシワをピンッ!とツルツルをめざすことが期待できます。

よく落ちるクレンジングに求められるのは「植物性のオレイン酸オイル」と先にもご紹介しましたが、さらにシワに効果的な美容成分配合のクレンジングを選ぶことで肌に優しいよく落ちるクレンジングを見つけることができます。

もちろん無添加で、刺激が少ないとされる「非イオン性界面活性剤(アミノ酸系界面活性剤)」「両性界面活性剤」のクレンジングであることは必須です。

②シミ防止効果の高まる「W(ダブル)洗顔不要」のクレンジング

MISATO
シミにもっともよくないとされるのが「物理的な摩擦」です。

とくに40代~50代の年齢になってくると、肌の衰えなどにより”少しの摩擦”が影響してシミへとつながる可能性が高まります。

そこで少しでも摩擦を軽減するために効果的なクレンジングが「W(ダブル)洗顔不要タイプ」です。

このW(ダブル)洗顔不要タイプは、言わずもがな擦る回数を減らせるというメリットがあります。

したがって物理的に擦る回数を減らすことによって、シミにつながりにくいクレンジングとして適した選び方になります。

もっともおすすめではないクレンジングが「シートタイプ」です。

なぜなら摩擦抵抗がいちばん高く、メラニン色素が増えやすいためシミへとつながる可能性が高まるため。

したがって40代~50代におすすめの肌に優しいよく落ちるクレンジングは、拭き取りタイプではなく「W(ダブル)洗顔不要タイプ」も1つの選択肢になります。

 

肌に優しいクレンジングがさらによく落ちる使い方

肌に優しいクレンジングがさらによく落ちる使い方

MISATO
肌に優しいよく落ちるクレンジングを選ぶことができれば、さらに効果を高めるために「洗顔方法」を知っておくとベストです。

この「洗顔方法」にはつぎの手順(順番)があります。

  1. 手のひらに取って馴染ませてから顔に塗る
  2. 円を描きながら滑らせるように擦る
  3. ぬるま湯で洗い流す

手順①クレンジングを手のひらに取って馴染ませてから顔に塗る

手順①クレンジングを手のひらに取って馴染ませてから顔に塗る

まず肌に優しいクレンジング方法としては、クレンジング剤を手のひらに取ります。

そのまま直接肌に付けるのではなく、しっかりと手に馴染ませて泡立つように準備することがポイントです。

泡立てた方が良い理由としては、よりキメ細かくなり肌に密着しやすくなるから。

そのため泡立てないよりも泡立てた方がより汚れが落ちやすくなり、さらに肌にも優しい洗顔料としての使い方ができます。

手順②円を描きながら滑らせるように擦る

手順②円を描きながら滑らせるように擦る

そしてここからが、とくに肝心なポイントです。

額・ほっぺ・鼻・顎にクレンジング剤を付けて、馴染ませるように円を書くように滑らせて洗います。

よくやりがちなのが”縦縦横横”といった動きですが、ヒトの体は毛穴を見ても分かるよう基本的に”丸”をベースとして構成されています。

したがって縦横の動きではなく「円」を描くように動かした方が、より洗顔効果を高めることにつながります。

さらにマツエクも擦ってしまうと傷ついたり取れてしまったりしてしまうので、必ず優しく洗うようにしてください。

③ぬるま湯で洗い流す

手順②円を描きながら滑らせるように擦る

全体的にクレンジング剤が行き渡ったなと思ったら、冷水ではなくぬるま湯(35度前後)でクレンジング剤を洗い流します。

温かい方が毛穴が開きやすく汚れも落としやすくなるため、お湯で洗い流すのがオススメです。

洗い上がりにタオルで拭くときも、ゴシゴシではなくポンポンと抑えるようにして優しく拭くとより肌に優しい使い方が実現できます。

 

MISATO
肌に優しいクレンジングの秘訣は「擦り過ぎないで優しく洗う」ことにあります。

とくに洗顔やメイク落としをするときは、てゴシゴシと擦って洗ってしまいがちになるものです。

しかし早く落ちそうと思ってゴシゴシを擦ってみても、クレンジングは”肌の表面”にある汚れを取り除く作業ですので効果的ではありません。

肌が傷つく原因となり、肌荒れへとつながる恐れがありので優しく洗うことが大切です。

 

肌に優しいよく落ちるクレンジングの効果

肌に優しいよく落ちるクレンジングの効果

肌に優しいよく落ちるクレンジングには、つぎの効果が期待できます。

  • 洗顔と同時に角質ケア
  • 毛穴に優しくキレイに洗い流す
  • ニキビの悪化を防ぐことが期待できる
  • 乾燥肌でも潤いを保ちながら落とせる

洗顔と同時に角質ケア

MISATO
肌に優しいクレンジングでは、化粧落としのクレンジング効果とともに角栓を防ぐ効果も期待できます。

肌に優しいだけのクレンジングでは叶わなかった「洗浄効果」を期待できるため、毛穴の汚れもスッキリと洗い流すことによって角質ケアにつながる効果を期待できる洗顔方法です。

毛穴に優しくキレイに洗い流す

MISATO
肌が荒れやすくなる原因の1つとして考えられるのが「毛穴の汚れ」です。

この毛穴の汚れまできれいに落とすことが期待でき、さらに肌に優しい成分によって肌荒れを回避することのできる効果的な方法になります。

ニキビの悪化を防ぐことが期待できる

MISATO
ニキビがあって洗顔ができないという方にも、肌に優しいクレンジングは安心して使うことが出来ます。

ただしスクラブ入りのクレンジングは肌に優しくないため、肌の弱い方やニキビのある方にはおすすめできません。

無添加で植物由来の天然成分によって構成された肌に優しいクレンジングでは、ニキビを悪化させることなくキレイに洗い流すことが期待できます。

乾燥肌でも潤いを保ちながら落とせる

MISATO
乾燥肌で洗顔をするときに、もっとも大敵になるのが「潤いの除去」です。

保湿美容成分ヒアルロン酸やコラーゲン入りの肌に優しいクレンジングを選ぶことによって保湿効果が期待でき、乾燥肌でも安心して化粧落としや洗顔をすることができます。

 

肌に優しいよく落ちるクレンジングを市販で選ぶときの注意点

肌に優しいよく落ちるクレンジングを市販で選ぶときの注意点

汚れのよく落ちる肌に優しいクレンジングを市販で選ぶときには、以下の点に注意すべきです。

  • コスパ(安い)ばかりを追い求めると失敗する
  • デパコスで購入する場合にはブランド名に惑わされないことが大切
  • ドラッグストアでは刺激の強いクレンジングもある
  • 薬局でクレンジングを購入する場合は”薬用”を選ぶ
  • 無印に置いてあるクレンジングでは成分をしっかりとチェックする

コスパ(安い)ばかりを追い求めると失敗する

MISATO
まずクレンジングを市販で購入する場合に、もっとも選び方の基本となるのが「安さよりも中身」です。

少しでも安いクレンジングをと考える気持ちはだれでもありますが、まずはコスパよりもしっかりと肌に優しい成分で構成されているかをチェックすることが重要です。

デパコスで購入する場合にはブランド名に惑わされないことが大切

MISATO
デパコスでクレンジングを選ぶ場合には、ブランド名に惑わされがちなものです。

ついつい有名ブランドのクレンジングに目がいきがちですが、ブランド名よりも「使われている成分」に注目をする必要があります。

しっかりと汚れが落とせて、肌に優しい成分が使われているかを考えて選ぶことが大切です。

ドラッグストア(薬局)では刺激の強いクレンジングもある

MISATO
ドラッグストア(薬局)のコスメには、一般的に市販されている商品から薬用のものまでさまざまな商品が置いてあります。

汚れをしっかりと落とし肌に優しい効果の高い順番に並べると「化粧品➝第3類医薬品➝医薬品」となりますので、店員や薬剤師に説明を聞きながらなるべく医薬品に近いクレンジングを選ぶことで失敗が少なくなります。

無印に置いてあるクレンジングでは成分をしっかりとチェックする

MISATO
無印良品でクレンジングを選ぶ場合には、肌に優しい成分であるかをチェックする必要があります。

今さら何を‥と思われるかもしれませんが、無印良品に置いてあればすべて”肌に優しいもの”と捉える傾向があります。

したがって無意識に無印に置いてあれば安心と思い、成分をチェックしないで購入してしまう恐れが考えられます。

無印良品といって安心せず、肌に優しい成分で作られているかチェックして選ぶことが大事です。

プチプラのクレンジングはよく落ちるけど肌に優しいかは疑問

MISATO
プチプラ商品でクレンジングを選ぶ場合には、まず「無添加」を確認することが重要です。

とくにプチプラ商品で多いのが”安さ故の低品質”です。

とくに肌荒れに敏感な方であれば注意が必要で、安い価格で購入できるプチプラだからこそ時間をかけてでも成分構成をチェックする必要があります。

市販のクレンジングでプチプラ商品を購入するときには、安い分だけ要確認と思って挑む方が間違いありません。

 

肌に優しいよく落ちる3つの人気クレンジング

肌に優しいよく落ちる3つの人気クレンジング

肌に優しいよく落ちるクレンジングで、人気商品にはつぎのようなコスメがあります。

  • とくに若者を中心に人気のある韓国製クレンジング
  • ファンケルの肌に優しいクレンジング
  • オルビスの肌に優しいといわれるクレンジング

韓国製クレンジング

MISATO
韓国製クレンジングは人気のある商品の1つですが、とくに肌に優しいクレンジングを選ぶ場合にはやはり「成分」をよく確認することが重要です。

日本製品と比較しても、かなり高いレベルまで進化しているのが韓国製クレンジング。

しかしまだまだ多くの添加物が使われている場合もありますので、成分については要チェックです。

オルビスのクレンジング

オルビスのクレンジング

MISATO
オルビスのクレンジング(メイク落とし)にはつぎの商品があります。(2019年10月現在)
  • オルビス ザ クレンジングワン(素早いクレンジングが可能)
  • クレンジングリキッド(テクスチャー重視)
  • クレンジングジェル(潤い派重視)

3つのタイプはいずれも”オイルカット”によって構成されており、いかにオイルを使わず「オイル級のクレンジング力」に近づけるかをコンセプトに開発されています。

特徴として肌に優しい部分が「無油分・無香料・無着色・アルコールフリー」など。

またアレルギーテスト済のクレンジングのため、アレルギーによる肌荒れが気になる方も安心して使うことのできる商品です。
(すべての方へアレルギーが起こらないわけではありません)

さらに肌に優しい成分として、肌を柔らかくする保湿効果の期待できる「ソフトモイスチャー成分」。

アミノ酸、ヒアルロン酸ナトリウム配合による保湿効果も同時に期待できるクレンジングです。

グリチルリチン酸ジカリウムの配合によって、肌をすこやかに整え肌荒れしやすい方でも安全に使うことができます。

MISATO
POLAオルビスのブランドで、もっともおすすめな商品がアヤナスのクレンジングです。

ファンケルのクレンジング

ファンケルのクレンジングには「お見事3段落ちマイルドクレンジング」があります。

このクレンジングの大きな特徴はザラつき・メイク落とし・毛穴詰まりを手早く対策のできる部分。

簡単にクレンジングが出来て、しかもきちんと汚れを落とすことが期待できるクレンジングです。

もっとも汚れが落ちにくい成分として”ウォータープルーフ”がありますが、そんな頑固な汚れにもしっかりと効果を発揮するのがこの「お見事3段落ちマイルドクレンジング」です。

一般的なクレンジングには目に見えない大きさの粒子によって汚れ落とし効果が期待できますが、ファンケルのクレンジングではこの”粒子径”がより小さくそれだけ高い汚れ落とし効果が期待できるものです。

成分についても無添加処方によって、肌に優しいよく落ちるクレンジングということができるコスメです。

MISATO
とくに無添加エイジングケア洗顔 実感キットなどは、お得価格で「お見事3段落ちマイルドクレンジング」もお試しできるのでおすすめです。

 

肌に優しいよく落ちるクレンジングまとめ

MISATO
肌に優しいよく落ちるクレンジングについてご紹介してきました。

お伝えしてきた7つの項目をまとめます。

①肌に優しいよく落ちるクレンジング3つの成分

  • オレイン酸オイル
  • 非イオン性(ノニオン性)/両性界面活性剤
  • 保湿成分

②肌に優しいよく落ちるクレンジングの種類

  • 柔らかさがハードになるにつれ擦ることによる傷つきが心配される

③40代~50代の肌に優しいよく落ちるクレンジングの選び方

  • シワがピンッ!洗顔と同時に”ハリ”も期待できる美容成分配合のクレンジング
  • シミ防止効果の高まる「W(ダブル)洗顔不要」のクレンジング

④肌に優しいクレンジングがさらによく落ちる使い方

  • 手のひらに取って馴染ませてから顔に塗る
  • 円を描きながら滑らせるように擦る
  • ぬるま湯で洗い流す

⑤肌に優しいよく落ちるクレンジングの効果

  • 洗顔と同時に角質ケア
  • 毛穴に優しくキレイに洗い流す
  • ニキビの悪化を防ぐことが期待できる
  • 乾燥肌でも潤いを保ちながら落とせる

⑥肌に優しいよく落ちるクレンジングを市販で選ぶときの注意点

  • コスパ(安い)ばかりを追い求めると失敗する
  • デパコスで購入する場合にはブランド名に惑わされないことが大切
  • ドラッグストアでは刺激の強いクレンジングもある
  • 薬局でクレンジングを購入する場合は”薬用”を選ぶ
  • 無印に置いてあるクレンジングでは成分をしっかりとチェックする

⑦肌に優しいよく落ちるクレンジングで人気商品

  • とくに若者を中心に人気のある韓国製クレンジング
  • ファンケルの肌に優しいクレンジング
  • オルビスの肌に優しいといわれるクレンジング

このように肌に優しいよく落ちるクレンジングで大事なのは、まず「成分」になります。

MISATO
しっかりと中身をチェックして、肌荒れを起こさずしっかりと汚れを落とせるクレンジングをお選びになってください♪

 

-肌に優しいケア方法,
-

Copyright© 肌に優しいコスメ生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.